福祉車両

| 未分類 |

ダイハツは福祉車両も生産していることで知られています。お年寄りや体に不自由な人のために、便利な福祉車両を利用すると、移動などをスムーズに行うことが出来て便利というメリットがあります。ダイハツの福祉車両のラインナップとしては、車いすの移動車としてのタイプとしては「タントスローバー」「アトレースローバー」「ハイゼットスローバー」の三タイプがあり、価格帯も百万円から二百万円の間に設定されています。後部からスロープがついており、車いすを出し入れできるタイプになっているので、移動するときに便利ですし、何かと出し入れで不便を感じないタイプになっているのが魅力です。

 
また、昇降シート車も「タントウェルカムシート」「ムーヴフロントシートリフト」「アトレーリアシートリフト」の三タイプが発売されており、本体価格は百万円から二百万円の前後となっているのが特徴です。どの自動車も非常にスムーズに乗車することが出来るタイプとなっているので、安心して運転することが出来るのが特徴ということがいえます。非常に軽やかに乗車したい人にとっては、まさに魅力的な自動車の一つということがいえます。安心して乗車したいのであれば、ぜひ候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。